2020年11月22日

愛馬情報

今週の愛馬情報です。

◆シーロンシャン
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m
→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m
→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本
(1ハロン15~18秒ペース)。10月下旬測定の馬体重は506kg。
〇当地スタッフ
「11月2日(月)に坂路調教へ移行。順を追ってピッチを速め、先週末にハロン16秒のラップを
刻んだ際もスムーズに対応できました。そして、11日(水)は15-15を消化。今のところは
目立ったダメージも生じておらず、このまま本数を積み重ねます」

しっかり基礎体力をつけていきましょう。


◆ロードプレジール
11月19日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン82.1-66.3-51.9-38.2-12.3
8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒5追走して首先着。
短評は「ひと追い毎に良化」でした。12月6日(日)阪神・2歳新馬・混合・芝2000mに
岩田望来騎手で予定しています。
〇中内田調教師 
「11月19日(木)もビシッと。道中の感じは悪くなかったものの、まだラストで幾らか
動き切れませんね。それでも相応のタイムは出たように、ここまでは概ね順調かな・・・と。
どちらかと言えば瞬発力よりも、長く脚を使うイメージでしょう」
≪調教時計≫
20.11.19 藤岡佑 栗CW良 82.1 66.3 51.9 38.2 12.3(8)一杯に追う ひと追い毎に良化
         ミッキーフランケル(2歳新馬)一杯の内0秒5追走4F併首先着

デビュー戦の鞍上は岩田望騎手になりましたね。正直微妙ですが、GIの裏では仕方ないのかも
しれませんね。今週はCコースでまずまずの動きを見せましたが、ラスト1F11秒台をマークして
レースに向かいたいですね。


◆ソノラメンテ
11月21日(土)阪神1R・2歳未勝利・牝馬限定・ダート1400mに和田竜二騎手54kgで出走します。
11月18日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.5-40.4-25.7-12.8 一杯に追っています。
併せ馬では一杯の相手を0秒2追走して首遅れ。短評は「追われて案外」でした。
なお、ブリンカーを装着します。発走は10時00分です。
〇松下調教師
「リングハミに替えたのに加えて、この中間よりブリンカーも装着。行きっぷりが良化しています。
11月18日(水)は坂路で終い重点。状態面も大丈夫です。適鞍が2レース組まれ、今週に
スタンバイ予定。想定表を参考に、詳細を詰めましょう」
≪調教時計≫
20.11.18 助手 栗東坂良1回 55.5 40.4 25.7 12.8 一杯に追う 坂路コースで入念
        ララヴァシュラン(2歳新馬)に首遅れ

11月21日(土)阪神1R・2歳未勝利・牝馬限定・ダート1400mに和田竜二騎手54kgで出走。
11着でした。
〇松下調教師
「砂を被らずに運ぶには大外枠は好材料。スタートも上手く決まりました。ただ、他馬を
気に掛けて逃げていた様子。そんな面は調教では見せず、併せ馬も出来るのですけどね。
推進力が前方に伝わらず、思うように進まぬ感じ。また新たに対策を考えないと・・・。
いずれにせよ続けて3戦。一旦、リセットするべきでしょう」

土曜に出走して11着でした・・・
好スタートを切ったものの行き脚つかずズルズルとポジションを下げていき中団からの競馬。
そのままエンジンがかかることなくレースを終えてしまいました。
ダート2戦目の変わり身を期待しましたが、更に後退してしまいましたね。
中1週でブリンカーも逆効果だったのかもしれませんが、大外から何の不利もないレースで
これですから言い訳はできないでしょう。今回もダート適性はまるで感じられませんでしたし
これなら芝の方がずっと良さそう。続けて3回使いましたし、春頃まで放牧になりそうですが
心身ともにパワーアップして戻って来て欲しいですね。


◆ロードラスター
11月22日(日)阪神4R・2歳未勝利・混合・芝1800mに福永騎手55kgで出走します。
11月18日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン58.1-43.1-13.26
分所を馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目も順調」でした。発走は11時35分です。
〇千田調教師
「福永騎手が乗れそう。天気予報もOKですね。そのあたりを踏まえて総合的に判断。
今週のレースへ行きましょう。間隔が詰まっているだけに、11月18日(水)はサッと。
前回と同じような競馬が出来れば、再び好勝負に持ち込めるのでは・・・」
≪調教時計≫
20.11.18 竹之下 栗CW良 58.1 43.1 13.2(6)馬なり余力 攻め軽目も順調

日曜に出走して6着でした。
五分のスタートから出たなりで中団からの競馬。スローでも折り合いついて手応え良く
直線向けましたが、追ってからの伸びを欠いてしまいました・・・
直線向いた時は勝てると思ったのですが、追ってからさっぱりでしたね。中1週と直前軽めが
影響したのかもしれませんが、前走同様トップギアに入らない感じでしたね。
追って伸びる様になれば上のクラスでもやれそうなだけに続戦なら次は間隔を開けて
しっかり調整してからレースに臨んで欲しいものです。


◆ロードシャムロック
11月13日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで
仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、
出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
〇当地スタッフ
「移動の連絡が届き、先週末に栗東へ。ここに来て上昇カーブを描いており、相応の状態に
達していましたからね。無事に送り出せて一安心。あとは厩舎スタッフに任せれば大丈夫でしょう。
再度1勝クラスへ出走が可能。復帰戦が楽しみです」

11月18日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.5-39.6-25.5-12.5 馬なりに乗っています。
短評は「坂路コースで入念」でした。12月5日(土)中京・3歳上1勝クラス・混合・芝1600mに
予定しています。
〇中内田調教師
「実質、帰厩後の1本目。11月18日(水)は無理せずに、サッと走らせるような形です。
それでも相応のタイムに。自分からグイグイ行きましたね。馬自身が段々しっかり。
このまま順調に仕上げが進めば、再来週には出走態勢が整うでしょう」

予定通り帰厩して再来週の中京マイル戦を目指すことになりましたね。状態もいいようですし
前走で勝った条件。いきなり勝ち負けを期待したいところです。


◆シベール
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。
もしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m
(1ハロン18~20秒ペース)。
〇当地スタッフ
「騎乗調教の再開後はスムーズに運んでいる印象で、11月12日(木)より広いトラックへ
通う流れ。段々とペースを速め、現在はハロン18秒ぐらいまで進んでいます。一時的に生じた
妙な硬さも認められないまま。この先も焦らずに段階を踏みます」

じっくり立て直していきましょう。


◆ロードダヴィンチ
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダート坂路コース・ダク1200m→
ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはダートコース・
ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
〇当地スタッフ
適度に休みも与える形だったとは言え、北海道からこちらへ移った後は特にアクシデントも無し。
概ね順調に運んだと言えるでしょう。あとは美浦トレセンの施設を使って仕上げてもらう方針。
検疫馬房が確保できた段階で声が掛かると思います」

このまま無事に帰厩を迎えたいですね。
posted by さくえい at 11:58| Comment(0) | 一口馬主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください